がん検診の最新医療とは

がん検診の最新医療とは

最近ガンで亡くなる方がとても多くいるような気がします。

ガンを早めに見つける事がとても大切になってくるのですが、がん検診の最新医療とはどのようなものがあるのでしょうか。

がん検診の最新医療機器のとても注目されている中にPET-CTというものがあります。

聞いた事がありますか?聞いた事がある方は少ないのではないかと思います。

いったいPET-CTとはどのようなものなのでしょうか。

まずPET-CTとは陽電子放出断層撮影による画像検査の略の事を言います。

PET-CTとはどのようなものかというと、放射性の薬剤を体の中に取り込ませて、放出される放射線を特殊なカメラで撮影し画像化します。

CTなどというと基本的には頭だけであったり、胸部や腹部など部分的に検査をしますが、PET-CTでは一度で全身を検査する事が出来るのです。

さまざまな場所を調べてもらうには何回もCT検査を受けなくてはいけないというイメージをお持ちの方はたくさんいるかと思いますが、PET-CTは一度に全身を検査出来るのでとても良いですね。

PET-CTのすごいところ

がん検診の最新医療機器としてとても人気の高まっているPET-CTですが、どのような点がすごいのでしょうか。

まずは普段のCT検査では部分的にしか検査する事ができなかったのですが、PET-CTでは一度で全身の検査をする事が出来ます。

そしてCT検査というのは画像で形の異常を診て検査するのですが、形だけでは分からない場合があります。

そのような時にはPET検査でブドウ糖の代謝などの機能から異常を検査する事が出来るそうです。

形だけでなく機能からも検査する事が出来るので診断する制度がとても上がりますね。

医者も判断しやすくなりますし、患者さんも安心することができるかと思います。

そしてその他にも良い点があります。

がん検診の最新医療を受ける

それは何かというとがん検診の最新医療機器として有名なPET-CTですが、がん検診以外にも利用できるのです。

PET-CTはがんや腫瘍の大きさや場所や悪性か良性か転移はしていないかなどとてもさまざまな事を調べる事が出来、とても優れているのですが、ガンの発見以外にもアルツハイマー病や最近話題になっているてんかんや心筋梗塞などを調べる時にも使用されています。